190310_02

医学が進歩しているにも関わらず、病気は減らず医療費は増え続けています。
今こそ西洋医学の枠組みに囚われずに代替医療を取り入れた幅広い医療が必要とされています。
これからの少子高齢化と地域包括ケアに向かう日本にとってとても重要なことです。
医療者、施術家、セラピスト、そして市民が力を合わせて心地よい医療を創り上げませんか?
そのための第一歩はそれぞれの医療とその長所と短所を学ぶことから始めましょう。

日時:2019年3月10日(日曜日)
場所:札幌市立大学桑園キャンパス
札幌市中央区北11条西13丁目(JR桑園駅より徒歩3分)
第一部会場:大学院棟1階 大講義室
第二部会場:管理・実習棟3階 講義室5

※当日は管理・実習棟のエントランス(入口)からご入場ください。

souen_campus2

◆JR札幌駅から交通機関をご利用の方
JR札幌駅からJR函館本線・小樽方面行き、 またはJR学園都市線に乗車(約3分)JR桑園駅下車。徒歩3分。

第一部 14:00~15:40
北海道支部長 西谷雅史 講演 (大講義室)
医療はあたらしい時代へ~北海道からはじまる統合医療ネットワーク~

第二部 16:00~17:30
ワールドカフェ (講義室5)

※ワールド・カフェとは、その名の通り『カフェ』のようなリラックスした雰囲気の中で、少人数に分かれたテーブルで自由な対話を行います。他のテーブルとメンバーをシャッフルして対話を続けることにより参加した全員の意見や知識が集まり交流が深まります。一緒に北海道の医療を考えませんか?

講師:西谷 雅史(日本統合医療学会北海道 支部長)

講演者プロフィール
1956年東京生まれ 響きの杜クリニック院長、医学博士、統合医療学会北海道支部長。「心とからだ、心と心、人と環境、すべてが響き合ったときに人は初めて健康に生きることができる」を理念とした響きの杜クリニックを2006年に開院し、気功、フラワーエッセンスなどを取り入れた統合医療を実践。病気を意識の成長のための気づきと捉え、人間に本来備わっている自然治癒力を発揮できる医療と衣食住のネットワークづくりに力を入れている。

会費:北海道支部会員 500円  一般:1500円(当日会場にてお支払いください)

主催:日本統合医療学会北海道支部

後援:札幌市

お申込み:下記のフォーム、またはリーフレット裏面のFAX送信用紙にてお申し込みください。

⇒リーフレットのダウンロードはこちらから。