死の受容から再生へ
~がん患者が生まれ変わる統合医療施設の取り組み~


第五回定期勉強会スライド1第五回定期勉強会スライド2+

講演は終了しました。多数のご参加をいただき、誠にありがとうございました。

◎日時 : 2019年8月4日(日曜日)9:30~11:30

◎会場 : 札幌市男女共同参画センター(エルプラザ)4F 大研修室(札幌市北区北8条西3丁目)

◎テーマ : 統合医療と在宅医療

◎担当講師 : 船戸 崇史(船戸クリニック理事長・院長 )
~講師プロフィール~
1959年岐阜県生まれ。 1994年「船戸クリニック」開業。
在宅医療に力を注ぐほか、西洋医学のみでなく、東洋医学、ホリスティック医療等を取り入れた統合医療により、独自の診療を続けている。
リンパ球点滴、温熱療法、漢方・セラピーなどを取り入れ、施設内では癒やしの音楽会を開催することもある。
自然食レストランも併設。「より地域に密着し、患者さんに効くことは何でも取り入れて、サポートしたい」と意欲を示す。
著書に「また逢おう」(岐阜新聞社)「ステップトゥーザヘブン-天国への階段」(岐阜新聞社)がある。
映画『つ・む・ぐ』に出演。12年前、腎臓がん手術。岐阜県洞戸に、がん予防型リトリート施設『リボーン』を創設。

◎参加費 : 会員 2,000円 一般 (非会員)3,000円

◎主 催 : 日本統合医療学会北海道支部

◎後 援 : 札幌市

◎お申込み : https://imj-hokkaido.jp/study 

上記URLよりお申込みください。